利益向上のために、経費削減を。

経費削減戦略

■経費削減について

 現在、経済状態は厳しさを増して行く一方です。鉄鋼や原油価格をはじめとして、諸原料の高騰は企業経営にこの先大きな打撃を与えることになるのは目に見えています。すでに原料高による収益性低下が深刻な製造業の倒産は、前年比50%という凄まじい数字が出ています。さらに公共工事削減、脱談合にこの原料高が加わって建設業の破綻が続いているのです。この先、さらに深刻さを増す経済環境に対抗するためにも、各企業におかれては早急に非常事態宣言をして、経営体質の抜本的な改革に取り組むことが重要となります。その取り組みとは何か?企業が利益を上げには、「売上を上げること」「粗利益率をよくすること」「経費を削減すること」の3つしかありません。これらを同時に行うことが出来ればベストですが、実際そうはいかないものです。特に「売上を上げること」「粗利益率をよくすること」は相手があり、商品、サービスなどがあり、競合他社あるため簡単に出来ることではないからです。しかしそれに比べて経費削減は、自分のところで行う訳ですから、その気になれば実行可能な事と言えるでしょう。リサイクルトナーを使用することをまずオススメします。リサイクルトナーは、最も簡単且つ、成果の出る経費削減の1つです。何から手をつけて良いか分からないと言う人は、まずリサイクルトナーからエコって下さい!


経費節減で一番注意しなければならないことは、それが最終目的ではないと言う事を知ることです。経費削減を始めると、あらゆる所にメスを入れることになりますが、削減すること自体が目的ではありません。経費削減をする目的は、「利益の増加に貢献する」ということにあります。経費削減を行ったために、利益まで減少してしまったと言う話を聞いたりしますが、経費節減は利益を増加させるために行うことを十分理解していない結果と言えるでしょう。経費の使途を明確にするため「購入許可書」を作成し、一々上司の許可を得なければ購入できない仕組みを作ったりする事は、仕事を増やすことと変わりありません。経費節減とケチとは、まったく違ったものなのです。

■当事者意識

 経費節減は、いわば業務の効率を目指す行動と言えるでしょう。そのためには、「無理」「無駄」「ムラ」を極力少なくすることが必要となります。常に利益を出すことを考えた上での、経費削減を実行しなくてはならないのです。経費削減の方法は沢山ありますが、従業員全員の「当事者意識」が一番重要になるでしょう。経営者だけが頑張って経費削減を行っても、他の従業員がその事に特別な意識を持って実行しなければ効果的な削減は実行できません。経費削減は、細かな注意の積み重ねを必要とするため、何人かが取り組んでも、他の従業員がまったく理解を示さなければ系削減の効果は期待できないのです。経費削減を実行するならば、従業員全員が一丸となって取り組む事が必要になります。それでは、従業員に「当事者意識」を持たせるためには、どうしたらいいのか?そのためには、次のようなことを従業員に理解して貰うようにする必要があります。

利益獲得が企業継続の大前提

 企業が継続していくためには、利益獲得が大前提となります。従業員の中に、一定の時間を拘束されているのだから給料を貰えると言う意識の人もいます。確かに時間外労働の分は、手当てとして貰いたいのは当然です。しかし、働くべきところが無くなってしまったら、どうなるか考えてみて下さい。企業がその事業を継続していくためには、利益が必要であると言うことはきちんと理解してもらわなくてはいけないのです。

利益を出す方法は3通りのみ

 企業が利益を出すためには、「売上を上げること」「粗利益率を上げること」「経費を削減すること」この3つを同時に実行しなければならないと言うことを理解して貰う必要があります。

自分たちの給料がどこから支払われるか

 給料は、利益の中から従業員に支払っていかなければなりません。そのためには、当然利益を出すことが必要になります。また、自分たちの給料は、企業にとって最大の経費であるということを理解してもらうことも重要です。これにはどうしても時間がかかると思いますが、常に従業員に対して意識付けを行い取り組む必要が「当事者意識」に繋がります。


Valuable information


評判の成田空港の駐車場のサービスです

インプラントなどレベルの高い歯科治療が可能な東京のクリニックです



2020/2/7 更新